上瞼がくぼんでしまう原因

.jpg - 目のくぼみ、眼瞼下垂の原因
目のくぼみとは瞼、眼輪筋の膨らみが凹んでしまったことを指します。筋力の衰えや肌の弾力がなくなるとくぼんできます。同じ顔でも瞼が凹んでいるかふっくらしているかで印象は10差も出てきます。凹んでしまった肌はお化粧品ではなおりにくく目の表情をしっかりと動かそうとすると余計くぼんでしまいます。

.jpg - 目のくぼみ、眼瞼下垂の原因

上瞼がくぼんでしまう一番の原因

きっかけはそれぞれありますが、原因は眉の筋肉が硬直してしまっているからです。細かく言うと眉を上下させる前頭筋という表情筋が凝っていたり硬直してしまうと真下の瞼の活動範囲が狭まり全く動けなくなります。
若い時は目を開け閉めする表情は瞼のみを使っていましたがだんだん表情が固くなると強くて太い額の筋肉に頼って開け閉めをするようになります。頼りっぱなしの前頭筋が疲労や凝りで硬くなってしまった途端に瞼は一人で動かすことができなくなり、急激にやつれてしまいます。

上瞼がくぼむきっかけ

よく瞼がくぼんでいる人は先に額の横シワか眉間の縦シワが出てきます。それは表情が険しく、目を凝らしていたりすると肌でなく皮下の表情筋がこわばり肌に表情シワが出てきます。細かい文字を見ようとしたり、デスクワークをして目を凝らすようになってくると時間差で目がくぼむきっかけになります。凝らして表情筋が硬直し睡眠中にくぼむ方や肌が少しづつやつれて1~2週間後にくぼんでしまう方は人それぞれですね。

下瞼がくぼんでしまう原因

以前は涙袋という下瞼がふっくらと膨らんでいましたがいつのまに萎んで下がっていたりくぼんでしまいましたね。上瞼と違いくぼみの線が一本だけでなく2本や3本と水の波紋のようにシワが出ている方もいらっしゃいます。通常の目の下の弛みと違い、くぼんでいる状態は衰えて下がっているだけではありません。こめかみや頬こけと同じように緊張、張りつめが強いと肌は凹んでしましまいます。

下瞼がくぼんでしまう一番の原因

顔は緩み過ぎると膨らみながら下がってきますが、張りつめすぎると筋肉が薄い場所から凹んでしまいます。ストレスや緊張した表情をしていると目頭と口、目尻と口の間にある2本の筋肉が硬くなり縮んでしまいます。縮んで太くなった筋肉は口側でなく目側に集まって凝り固まるので下瞼は上瞼のように開け閉めする範囲がなくなり動けなくなります。
くぼんで下瞼にそって線、シワがでますがこれは瞼が弛んだシワでなく目の周りが硬直してできた肉割れです。なのでリフトアップの表情筋トレーニングをすると余計目の周りは固まってしまうので気を付けてください。