歯列矯正で顔が変わった原因

.jpg - 歯列矯正で顔が変わってしまった原因
歯列矯正をしてから輪郭が凸凹したり、頬がやつれてしまった方のお客さまがとても多いですね。せっかく歯を綺麗にしようと思って矯正を我慢していたのにフェイスラインが変わってしまうととてもショックです。途中で矯正をやめてしまった方やゴムかけを外してしまった方もいらっしゃいました。

.jpg - 歯列矯正で顔が変わってしまった原因

顔が変わった人の特徴

1.頬がくぼんでいる
2.上唇がしぼんで鼻の下が薄くなった
3.頬骨が出ている
4.顎が下がった
5.エラが張った

それぞれ表情筋のつき方が変わったようですね。骨は矯正して綺麗に並んでいるので頭蓋骨に問題はありませんが、ずっと口の中が固定されて脚のギブスのように筋力が弱くなる場所と硬くしっかりする場所の差が大きくなります。この差は顔なので輪郭のラインが変わったことに影響がありますね。

顔が変わった原因

1.矯正中に食事をとりにくく痩せた
2.口が動かしにくく口と頬の筋肉が落ちた
3.矯正の締め付けが強く頬骨やエラ、側頭部が凝って固まった

矯正していると大変ですね。痛みを我慢したり口がしっかり動かせなくなるので表情筋は綺麗な状態で引き締まっていることが難しいようです。

間違った対処法

矯正が慣れてきて食事をしっかりとるようにすることは正しいことですが、やつれた場所は筋肉が細く位置が変わったのでくぼんだ頬にお肉が付きにくいですね。その場所を膨らませようとしてパオや口角を上げたりするとくぼんだまま引き締まってしまうので余計頬が凹んだ方がいらっしゃいます。
マッサージもやつれた場所は肌が弱っているのでほぐすと肌が伸びてしまいます。お気を付けください。