鼻の下が長い原因

鼻の下が長い原因
お顔の黄金比は上顎1/3、下顎2/3
下顎に対して上顎が短い方が輪郭は小顔に見えますが上顎が長いと顔が間延びして長く見えてしまいます。
元々鼻の下、人中が長い人もいますが成長期でより長くなったり、大人になって筋力が落ちて長くなる人もいますね。
また、Eラインといって鼻の頭、上唇下唇、顎先が斜め一直線になっていると横顔が美しいとされています。

人中が長くなった要因

1.歯並びが悪く口がしっかりと閉じれない人
出っ歯や歯がガタガタしていると鼻の下を伸ばさないと閉じれません。いつのまにか人中が伸びていますね
2.上顎の骨が長い
元々の頭蓋骨の形状ですね。特に上唇を使い、人中の筋肉を付けないといけませんね。
3.口呼吸
鼻呼吸をしていると口はしっかり閉じますが口呼吸だと口がぽかんとして人中の筋肉が落ち伸びてきます
4.表情不足
日本語は上唇を使わなくても会話ができるので意識して上唇を動かさないと筋肉は成長しなく伸びてきます
5.猫背やストレートネック
姿勢が悪く顎が上がった口の閉じ方をしていると下顎しか使わなく人中、上唇の筋肉が落ちてきます。人中の角度が垂直になることもありますね。

人中が短くなる秘訣

人中が短くなるケア
1.鼻呼吸をする
2.口に指をあて押し人中を緊張させる。トレーニング
3.歯列矯正する。そのあと人中の筋肉をつける
4.顎を引いた姿勢をつくる
5.上唇を使い会話、表情を動かす